2018 . 05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 2018 . 07
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
アンパンマンミュージカル
2005 / 11 / 22 ( Tue ) 00:03:09
cap01.jpg

11月1日のお話でございます。
この日は二女ユウナの2歳の誕生日でございました。
その数日前に母ナコの30回目のお誕生日がございました。
その時、友人がアンパンマンミュージカルのチケットを2枚プレゼントしてくださいました。
ミュージカルの日が、二女のお誕生日と重なっていましたので、
ナコは勇気を振り絞って運転し、子どもたちと
アンパンマン様に会いに出かけたのでございました。

開場は1つの郡を挟んだお隣の市にございました。
国道でも2時間かからずに行ける距離ですが、
道中の子どもたちの事を最優先に考え、
時間を買ったつもりで高速を使用いたしました。

無事に駐車場も会場内で確保することができました。
まず最初にした事は、子どもたちのパンツ交換。
長女も万が一に備えて紙パンツを着用とさせていただいていましたが、
二女のおパンツを交換中に、大きい方を催してしまったご様子。
会場にさえ入ればトイレがあると励まし続け、
子どもたちの手を引き入り口を目指す。
そこで驚愕の光景を目の当たりにした。

なんなのこの行列は!?

入場待ちで長蛇の列と化していた親子の集団。
見渡す限りトイレはない。
一生懸命叫ぶように声を発した。

「トイレもう少し我慢してねっ!!!」

しかし、救いの手が差し伸べられることはなかった。
懸命に堪えた長女でしたが、ほんの少し『こんにちわ』してしまい、
結果、無念となってしまいました。

会場内では、一応オムツ交換スペースが設けられておりましたが、
実にお粗末なものでした。

アンパンマンといえば小さな子どもがたくさん集まるイベントであると分かりきっているのだから、もう少し配慮すべきではないかと心の中で毒を吐かせていただきました。

自分達の場所を確保し、のんびりとする。
時間となりショーの始まり。
いきなり出てきたのは、キラキラ隊なるお姉ちゃん3人。
歌って踊っちゃっている。
ナコは思わず泣きたくなった。
もちろん、子どもたちは大はしゃぎでしたけどね。
そして、少しずつキャラクター達が登場するわけですが、
ナコの後ろの席に座っていらした何組かのお友だち親子がえらいはしゃぎようなわけです。
子どもよりお母さんがはしゃいでしまっているわけです。
「バタコちゃんかわい~~~
ってな具合に黄色い歓声を上げちゃっているわけです。
それとは対照的に、2階席からは
子ども達の号泣ともとれる異様な喚き声がこだましてくるわけです。
ステージ云々の前に、観客たちの異様な感情の渦にナコは号泣したくなりました。
そして、また思ったわけです。
ピューロランドで思ったことと同じ事を。

私もずいぶんと汚れてしまったものだ・・・。と。

最初はそんな状態で、後ろのお母さん達が「かわいい」と歓喜する中
「帰りたい・・・」とつぶやいてしまったナコですが、
時間がたてば毒気も抜けるのです。
冷静にステージを楽しむことができたわけです。
そして、以外にもかわいいと感じてしまったキャラクターもできました。
そのキャラクターとはホラーマン
すばらしい技術屋ではあるがあまり頭はよろしくないらしい。
そんなお茶目なホラーマン。
実に愛らしいではありませんか。

ショーの最後には子ども達と一緒に楽しむことができました。

会場の外には、アンパンマンのポスターが貼られ、
アンパンマンの等身大なのかな?お人形も子ども達を出迎えていました。
写真スポットなり、複数の親子がたむろしておりました。
当然、ナコ親子も参加。
ユウリもユウナも大好きなアンパンマンに触れることができて
幸せそうにしておりました。
ユウリは、アンパンマンの鼻にチューなんてしておりました。
実にかわいらしい姿でございました。
子ども達の純粋な夢見る心をいつまでも大切にしてあげたいと感じた瞬間でございました。

少々の毒を吐いてしまったナコでございましたが、
子ども達の幸せそうな顔を見て、
機会があればこのようなイベントもいいなぁという気持ちになったものでございます。
しかし、次にくる時には、旦那同伴のできる時限定とさせていただくといたします。
やはり、これだけの集団の中に、1人で小さな子ども2人を連れて歩くのは大変な作業でございました。
1人があっちへ行けば1人は動かない。
1人がトイレに入れば1人はどこかへ行ってしまう。
人が溢れているのですぐに見失ってしまう。
非常に危険でございました。
周りを見渡しても、
大人1人で複数の子どもをつれて歩いている人の姿を見受けることはなかった。
子どもが複数なら大人も複数。もしくは大人の人数の方が多いといった具合だった。

今回は実にいい勉強をさせていただきました。

誤解を生むといけないので、最後にもう一度言っておきますが、

ショー自体は楽しいものでした。
チケットをプレゼントしてくれた友人には大感謝です。


この場を借りてお礼申し上げます
スポンサーサイト
* 今日のつぶやき * trackback(0) * comment(3) * page top↑
<< さて、久々に・・・ (BlogPet) * HOME * さて、久々に・・・>>
comment
****

はっはっは~♪
わかるぞ!わかるぞよ~;;
ちびっ子達には申し訳ないが、わしもその手のショーは苦手・・・。
どうしても背筋がサブくなるのよ。
ステージ上で一生懸命やればやるほどさぶいぼが!
喜んでる甥っ子を尻目に
突っ込みまくるワタクシです^^;

それにしても、トイレの件は主催者側の配慮の欠如だね(怒
何人の子が「こんにちは」しちゃったんだか、考えただけでもおそろスィ~(-゛-;)~
by: ぢる * 2005/11/24 23:11 * URL [ *編集] * page top↑
****

お疲れ様でした。
やっぱり、1人で子供さん2人は大変なんだろうなぁ。
トイレって切実ですよね。自分が我慢すればいいってもんじゃないですからねぇ(当たり前)。
しかし、お母さん喜んで子供号泣には笑っちゃいました。

by: moerie * 2005/11/27 00:15 * URL [ *編集] * page top↑
****

v-11やっぱり、1人で子供をつれて、
どこかに出かけるのはとても大変ですね・・・。

子供が増えれば増えるほど、苦労も心配も
増えるわけで・・・


そんななか、四人も産んでくれたうちの母には
感謝感謝です。。。

いつも四人一緒で、気づいたら誰かが
いなかったり、自分がはぐれたり・・・

ちょっと、身に沁みて母の偉大さが
わかりました。。。
by: しんじ * 2005/11/30 15:45 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://nakochannel.blog23.fc2.com/tb.php/46-481138fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。